妙典えがお保育園だより「スマイル」8月号

皆さま、こんにちは。8月に入り、ますます暑くなってきましたね。妙典えがお保育園では、水遊びをしたり保育室で製作をしたりと“涼”を取りながら毎日を過ごしています。もちろんこまめな水分補給も忘れません!
そんな子どもたちの様子をつづる園だより「スマイル」を今月もお届けです!

【7月のトピックス】

1. 水遊び

妙典えがお保育園では、子どもたちの「気づき」を大切にしています。河川敷に行って、ヤドカリや貝などの生き物に触れたり、雨の中を散歩したり、思いっきり水遊びや泥遊びをしたりと汚れることを前提で遊びます。

そんな当園では、水遊びができる夏は学びの季節です。水はとても面白い物質で、普段は液体ですが、冷たくすると氷になり、温めると湯気になります。水の出し方によってもポタポタしたり、細くニョロニョロ出てきたり、霧のようになったり変幻自在。何より冷たくて夏の遊びにはもってこい!

今年は保護者の皆さまがケチャップやマヨネーズ・プリンやたまごパックなど様々な空容器を持参してくださり、例年よりもたくさんの気づきを得ることができています。このように、恵まれた環境で保育ができることに本当に感謝です。

2. 野菜の収穫

当園は小規模保育園にしては珍しい、広々した一軒家。中庭では子どもたちと一緒に野菜を育てています。
野菜はどれも、子どもたちが自ら春に苗植えしたもの。今月はナスやピーマン、オクラを収穫しました。

「お野菜、たくさんとれたね!」
「かわいい~」
「おいしそう!」
みんな目をキラキラさせて喜んでいます。

食育の根幹は、「食」を楽しむことから。自身で野菜を育て、収穫し、興味を持つことで、手に取って観察したり、そこから新しい発見に繋がったり、「食べること」に興味を持つきっかけづくりをしています。

【園内行事】

夏祭り

夏の風物詩、夏祭り。換気、消毒を徹底しながら、時間を2部制に分けるなど工夫をし、密にならないよう開催しました。

今年のテーマは「おばけ」。子どもたちが作ったおばけの製作物を室内に飾って納涼感満載に。金魚すくいやヨーヨーすくい、ワニワニパニック、たこ焼きポイポイ、ミニボーリングなどたくさんの模擬店(保育士の先生手作り!)が並び、子どもたちも楽しそうでした。

また、サプライズゲストとして、近所の保険屋さんのマスコットでえがお保育園の子どもたちとも仲良しのリクガメさんが遊びに来てくれました。
暑い中はるばる来てくれたリクガメさんのため、果物や野菜をプレゼント。美味しそうに野菜を食べるカメさんをみて子どもたちも保護者の方も大興奮でした。

最後はよほど楽しかったのか、「帰りたくない~…」と泣いてしまう子も。
また来年もいっぱい遊ぼうね。

【お問い合わせ】

妙典えがお保育園
電話番号:047-712-5620
(平日7:30~18:00 )
妙典えがお保育園 園長:大場
最新情報:https://www.instagram.com/egaohoikuen2525/

<園開放の予約はこちら>
電話やホームページのお申し込みフォームにてご予約できます。