南行徳えがお保育園だより「スマイル」8月号

皆さま、こんにちは。最近は30℃を超える日が続き、まさに夏本番!という天気ですね。大人にとっては外に出るのも億劫になってしまう暑さですが、南行徳えがお保育園の子どもたちは、水遊びをしたり、製作をしたりと毎日元気に過ごしています。

そんな子どもたちの日常をつづる園だより「スマイル」を今月もお届けです!

【7月のトピックス】

1. 七夕まつり

夏の風物詩・七夕。当園でも七夕まつりを実施しました。

はたを織る織姫さまと牛飼いの彦星さまが1年に1回、天の川を渡って会うことができる日というお話を真剣なまなざしで聞く子どもたち。
2歳のぱんだ組さんは「1年に1回しか会えないの、かわいそうだね」「今日、お星さま見えるかな?」と1日織姫さまと彦星さまのことを気にしていました。

保育園の室内には、天の川に見立てた青い画用紙に、みんなで流れ星を貼って飾り付けをしました。
もちろん短冊も飾ります。
「お友だちと楽しく遊べますように」
「大きくなれますように」
「ごはんをたくさん食べられますように」
一人ひとりのお願いが読まれるたび、ちょっと恥ずかしそうに、でも嬉しそうにニコニコしていました。

最後にみんなで練習してきた「たなばたさま」の歌を元気よく歌って今年の七夕まつりは終了。
来年も楽しい七夕まつりができますように。

2. 食育:トウモロコシの皮むき

7月がまさに旬!甘くて香ばしくてジューシーなトウモロコシの皮むきに挑戦しました。

恐る恐る手で持ってみると、大きい!重たい!
給食では輪切りになった状態で出てくるので、子どもたちも興味津々です。
「皮がザラザラしてる~」
「うまくむけない~」
まとわりつくヒゲに大苦戦しながらも、先生と一緒に一生懸命ひとつずつ丁寧にむいていきます。

子どもたちが皮をむいたトウモロコシはこの日のおやつに。みんな大喜びで完食してくれました。

【8月園内行事】

スイカ割り

夏といえば、スイカ割り!今年もやりますよ~!
実際に“割る”スイカは模型のスイカですが、本物の食べられるスイカも用意します。
食べられるスイカは色や形を観察したり触ったあとに、給食でみんなでいただきます。
ん~!当日まで待ちきれませんね!

【お問い合わせ】

南行徳えがお保育園
電話番号:047-711-3971
(平日7:30~18:00 )
南行徳えがお保育園 園長:阿部
最新情報:https://www.instagram.com/egaohoikuen2525/

<園見学の予約はこちら>
電話やホームページのお申し込みフォームにてご予約できます。