南行徳えがお保育園だより「スマイル」7月号

子どもたちの主体性や自発性を育み、子どもたち一人ひとりが主役の南行徳えがお保育園。駅チカで街なかの保育園として地域の方からも親しまれ、愛されています。そんな南行徳えがお保育園の子どもたちの日常をつづる園だよりを、毎月お届けします!

【6月のトピックス】

1. あじさいの制作

6月といえば、あじさい。えがお保育園近くの道端や公園にも咲いていました。
ピンク、白、青、水色、紫とたくさんの色があり、子どもたちからも「きれ~い!」と人気でした。

「もっと季節を感じてほしい!」ということで、0歳から2歳児クラス全員であじさいの制作を実施!

保育士の先生が大きな紙皿をくり抜いたものを用意し、子どもたちはピンクや青、紫色のお花紙をクシュクシュっと丸めます。最後はペタペタとお花紙を紙皿に貼って、「できた~!」
作品の完成に大満足の子どもたち。大きな紙皿の向こうから顔を出して、満面の笑顔を見せてくれました。

子どもたちが作った作品は、6月の間保育室に飾ってあり、お迎えの保護者の皆さまにもお披露目。
「これ、〇〇がつくったの~!」とママやパパに自慢している子もいました!

2. お豆腐づくり

食育に力を入れている当園の6月の食育は…

子どもたちが大好きなお豆腐作りに挑戦しました!

調理師さんが豆乳にがりを入れ、まぜまぜ。「なるほど、そうやるのか…」と言わんばかりの真剣な表情で見つめる子どもたち。
子どもたちも真似して豆乳とにがりをまぜまぜ…。なかなかできない経験に目を輝かせていました。

できたてのお豆腐はみんなで一緒に「いただきます!」
「おいしい!おいしい!」と完食でした。
今日はこの他に2歳児クラスがパプリカの種取りをお手伝い。これもバッチリ給食のおかずになっていました。自分が関わった食材だと、おいしさも倍増です。

※給食では衛生面を考慮して、調理師が作ったものを提供しています

【7月園内行事】

七夕

7月のイベントは七夕まつり。日本古来の風習として伝わっている行事を、南行徳えがお保育園でも子どもたちに楽しんで学んでもらうべく、短冊に願い事を書いたり、七夕の絵本を読んだりと色々なイベントを考えています。

子どもたちも6月のお歌「かえるのがっしょう」と「かたつむり」の他、7月の「たなばたさま」の歌を今からみんなで練習して当日を楽しみにしています。

【お問い合わせ】

南行徳えがお保育園
電話番号:047-711-3971
(平日7:30~18:00 )
南行徳えがお保育園 園長:阿部
最新情報:https://www.instagram.com/egaohoikuen2525/

<園見学の予約はこちら>
電話やホームページのお申し込みフォームにてご予約できます。