妙典えがお保育園だより「スマイル」6月号

子どもたちの「見たい」、「聞きたい」、「話したい」を育み、「やりたい」を応援する妙典えがお保育園。園内では毎日、小さな気づきや発見に喜んだり驚いたりする子どもたちの笑顔や歓声があふれています。妙典えがお保育園ではそんな子どもたちの日常をつづる園だよりを、毎月お届けします!

【5月のトピックス】

1. 食育活動:苗植え

「食に興味・関心を持ち、笑顔で楽しく食べる子」という保育目標を掲げている当園では、食育の一環として毎年園庭で夏野菜を育てています。今年はキュウリとミニトマト、ピーマン、ナス、オクラの苗を植えました。

土の中に苗を入れて、上から優しくとんとんする子どもたち。最初は恐る恐るだった苗植え初体験の子も、だんだんと夢中に!子どもたち自身で苗を植えることで、土に触れることやお友だちと一緒に苗植えをする楽しさ。夏には収穫の楽しさを感じてもらえるようにしています。
また2歳児クラスは自分の担当野菜を決めてお世話をすることで、自分の野菜に愛着を持ち成長を楽しみます。育った野菜は収穫の喜びを感じるだけでなく、どんな色かな?と皮をむいてみたり、半分に切ってみたり、野菜スタンプにしたり、苦手だった野菜も自分の手で育てて触れる機会を多くすることで、興味を持ってもらえるようにしています。

最後はじょうろで水やりして苗植え終了!おいしいお野菜たくさん育ちますように。

2. 地域交流:リクガメのお友だち

当園の子どもたちには大切なお友だちがいます。それは、近所の保険屋さんで飼育されている大きなリクガメ・ゾウリクガメの「ガメラ・クロ・ちび」ちゃん。
よくお散歩の途中に「元気にしているかな?」「ご飯食べているかな?」と顔を覗かせていました。

この日は、日頃のカメさんを見させてもらっている感謝を込めて新鮮なにんじんと子どもたちがつくったカメさんのお手紙をプレゼントしに行きました。
「いつもカメさんに会いに来てくれてありがとう。」と保険屋さんからもカメさんを触らせてもらえるサプライズプレゼントが。

大きな甲羅にそーっと触って、撫でてあげたり、にんじんをムシャムシャ食べているカメさんを見てはしゃく子どもたち。もうすっかり仲良しのお友だちです。

子どもたちからのお手紙は保険屋さんの窓に貼って外から見えるようになっています。ぜひ見に行ってみてくださいね!

【6月園内行事】

6月:歯科健診、内科健診

えがお保育園では春と秋の年2回、子どもたちの歯科検診、内科検診を行っています。
歯科検診では歯並びや虫歯がないかの確認をし、内科検診ではのどの奥を見てもらったり心音を聞いてもらったりと子どもたちの健康状態を確認する大切な検診です。

当園では事前に子どもたちが「“検診”では何をするのか」を学ぶため、先生お手製のカバの模型を使って歯の虫歯菌を落とす練習をしたり、聴診器を体に当ててお医者さんごっこしたりと遊びの中で学びを取り入れています。

検診についての質問やお子さまの健康に関する心配ごとなどがありましたら、担任もしくは副担任までご相談ください。

【お問い合わせ】

妙典えがお保育園
電話番号:047-712-5620
(平日7:30~18:00 )
妙典えがお保育園 園長:大場
最新情報:https://www.instagram.com/myouden_egao/

<園開放の予約はこちら>
電話やホームページのお申し込みフォームにてご予約できます。